白髪はヘアスタイルさえ左右する

白髪染め体験談

>>トリートメント感覚でお風呂場も汚さず白髪を染められる利尻ヘアカラートリートメントはこちら

 

現在46歳の秘書です。

 

白髪は放っておくと全体の3割ぐらいを占めると思います。
生え際や分け目等に集中するタイプではなく、まんべんなく全体に散らばっています。
背が高くないので、髪が少しでも伸びてきたと感じると、自分としてはつむじを見られているのではないかといつも気になってしまいます。

 

仕事柄、人と接することが多いので、なるべくキレイにしていようと心がけているつもりではありますが、どんなに素敵な服を着ていても、白髪が目立つ状態のときは心が晴れません。
白髪があるのとないのでは見た目年齢がかなり変わると思います。

 

白髪が気になり始めたのは30代半ばでした

白髪が気になり始めたのは30代半ば頃です。最初は見つけるたびに抜いていましたが、美容院で抜いたところからは前より太くてしぶとい白髪が生えてくるのだと教えられ、ヘアマニキュアをすることにしました。
ですが、マニキュアでは色の入りが悪いので、どうしても白髪だけが光って見えてしまいます。
気になるところをハサミで切っていた時期もありますが、年を重ねるにつれそれでは対処しきれない本数になってしまい、ついに白髪染めをすることに決めました。

 

白髪染めの対策と悩み

白髪染めは美容院でしています。
毛量が多く、伸びも早いので、昔から月1回の頻度で美容院にはいくのですが、白髪染めを始めたころはカットとカラー、カットとパーマという2パターンを交互に繰り返していたので、染める頻度は2か月に一回でした。

 

それがだんだん白髪の本数が増えていってしまったので、カット、カラー、パーマを同時に行うようになっていったのですが、カラーとパーマを同時に施術するのは、私の髪には負担が重すぎたようで、みるみるうちに傷んでしまいました。

 

スタイルとしてはウェーブが好きなのですが、傷んだ髪でウェーブにしていても美しくないし、白髪の部分はうまくウェーブもかかりません。
美容院の椅子に長時間座っているのも辛かったので、パーマは仕方なくあきらめることにしました。

 

最近はさらに増えてきたので、3週間に一度、染めてもらっています。
カットは6週間に一回、カラーは3週間に一回の頻度です。3週間に一度、美容院に通うのは面倒だし、費用も決して安くはありませんが、自宅で染めるとなると風呂場が汚れたり、髪が傷んだりするのではないかと心配なので、相変わらず美容院でお願いしています。

 

東京には白髪を治療できるクリニックがあると雑誌の記事で読んだことがありますが、さすがに東京までは通えないし、地元にあったとしてもなかなか踏み切れないかもしれません。

 

薄毛の治療は普及しているのだから、白髪の研究ももしかしたらこれから進んでいくのかもしれないと期待はしていますが、今のところは美容院で染め続けるしかないとは思っています。
薄毛に悩む主人には、白髪は染めればわからないじゃないかと軽くあしらわれますが、本人にとっては白髪も深刻な問題です。
もしもいつか白髪の治療法ができたら、またパーマをかけていろんなスタイルを楽しみたいと思います。

 

利尻ヘアカラートリートメントを1,000円OFFで試すならこちら